新闻中心

关于东京标准试验筛的校正

6/13/2017 9:30:40 AM

ステンレス試験用ふるいの校正に関して

 

〇校正証明書付き試験用ふるい

東京スクリーン株式会社はISO/IEC 17025の国際規格の要求事項を満たす試験機関として、登録認証機関の認定を取得し、技術的に適正な試験結果を提供する能力を有する試験機関として公的に認められ、JIS Z 8801-1試験用ふるいに関して、ilacMRAのシンボルマークの付いた校正証明書を発行することが可能です。

 

ISO/IEC17025

試験所・校正機関が正確な測定/校正結果を生み出す能力があるかどうかを、権威ある第三者認定機関が認定する規格です。

ISO/IEC17025試験所認定と呼ばれ、製品検査や分析・測定などを行う試験所及び計測機器の校正業務を行う校正機関に対する要求事項が定められています。

ILACAPLACとの間で相互承認協定(MRA)を締結している認定機関により(当社はPJLA)規格の要求事項に沿って審査が行われ、その試験所・校正機関が認定を取得するのに妥当であるかを判断され、認定を受けます。

認定を受けた組織は、試験成績書や校正証明書へ認定シンボルを付加することができます。製品管理・品質管理を行ううえでのマネージメント力と、信頼性のある試験/校正結果を生み出す技術力が国際的に認められていること意味しています。

現在、国内/国外を問わず多くのビジネスにおいて製品やサービスへの信頼性の要求が高まっており、品質や分析・測定などの結果を示す試験成績書・校正証明書の発行を求められる場合が増えてきており、世界中に数多くある試験所・校正機関の中から一つを選び、そこから出される試験結果を手に入れた場合、「その結果は本当に正しいものなのか?その成績書の結果は本当に妥当なのか?その試験所・校正機関が本当に正しい数値を出す能力があるだろうか?」という疑問が生じてきます。

そこで、校正の不確かさと妥当性を証明し、また使用している測定機器の標準物質のトレーサビリティを証明することで、試験/校正結果が信頼性のあるものかどうかを判断するための世界基準として、ISO/IEC17025があらゆる分野で求められています。国際的な取引の場合はもちろん、国内での取引にもその需要は高まってきており、試験所・校正機関の品質・能力の証明には欠かせない国際規格となっていて、当社は、JIS Z 8801試験用ふるいの校正機関として認定を受けています。

また、ISO/IEC17025へ適合することによって品質マネジメントシステム(QMS)への適合性が保証されるとともに、試験施設・校正施設の技術的能力に関する適合性も保証されます。

ISO/IEC17025の認定を受けた校正機関を利用するメリットの一例として、ワンストップテスティングがございます。これはISO/IEC17025認定試験所で得られた試験データが国際的に認められることから、校正証明書により保証された試験用ふるいを使用することにより試験データの信頼性を改めて試験用ふるいまで遡って検証する必要が無く、さらには製品の輸出入・販売時に再検査をする労力・コストを削減できるシステムです。ISO17025認定を受けた校正機関である当社の校正証明書付き試験用ふるいを選ぶことで実現でき、時間的、コスト的メリットが得られます。

認定には大きく分けて試験、校正2種類の分野があり、さらにそれぞれに多種多様な認定範囲が含まれています。当社は校正を行う試験所として認定を受けています。

・校正とは

計測機器に表示される値とそれに対応する既知の値(国際標準など)との関係を、特定の条件下で確認する一連の操作

・試験とは

製品や製品の機構部品・材料・原料の特性、性質等について、決められた試験方法に基づいて試験結果を得るために行なうプロセス

 

〇東京スリーン株式会社における、試験用ふるいの校正範囲

当社は、ISO/IEC17025の測定機関認定を受けました。それにともない今まで殆ど同じ形で対応していた目開き及び線径の測定結果の書式を、JIS Z 8801試験用ふるいの枠(φ75・φ150・φ200・φ300)と規格外の枠(φ50・φ100・φ203・φ250)に分ける必要があり(今までは同じでした)、また、お客様に納品した試験用ふるいを再検査する場合も明確に分ける必要があり、下記の形で201721(以降の納品分)から実行することとなりました。(*どの場合も目開き及び線径はJIS Z 8801規格品)

今までは、「JIS Z 88012006 4.3.2-C)校正証明書 顧客からの要求がある場合には、製造業者は、検査結果を記載した試験用ふるい校正証明書を発行することができる、、、、」に従い校正証明書等を発行してまいりましたが、この度ISO/IEC17025の認定を受けたことにより、その範囲を明確にし、さらに信頼性のある校正をおこなう体制が整いました。

 

 ①校正証明書

  ・JIS Z 8801規格の検査方法により測定

  ・校正証明書(ISO/IEC17025認定機関・ilac/MRAシンボルマーク付き)の発行

②メーカー検査:JIS規格外の枠(φ50・φ100・φ203・φ250

  ・JIS Z 8801規格の検査方法により測定

  ・校正証明書ではなく、目開き検査書の発行

③再検査:既に納入済みの検査書または校正証明書つきの試験用ふるい

  ・JIS Z 8801規格の検査方法により測定

  ・目開き再検査書の発行

 

 

*どの書式にも測定機の校正証明書又は検査書とトレーサビリティ体系図が付きます

ISO/IEC17025校正は、JIS Z 8801試験用ふるいの枠・目開きに準じた新品に限る

 

以上、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

東京スクリーン株式会社